夫婦で決める結婚式の費用について:見積もりを出してからの準備

ハート

人気のある演出

カメラフィルム

どんな演出か知ろう

今の結婚式に欠かせないものの一つに、映像の演出が挙げられます。映像の演出にはいろんな種類があります。中でも、人気の高い映像演出2つを紹介します。まず、最近の結婚式でよく見られるのが、新郎新婦のプロフィールを映像で流すという演出です。こちらは、新郎新婦の小さい時から大人になるまでの成長過程を当時の写真や動画を使いゲストに見てもらうのです。さらに、新郎新婦が出会い結婚式を迎えるまでの歩みもその映像にいれて紹介するという方が多いように感じます。次に、エンドロールムービーという映像演出が挙げられます。こちらは、披露宴の最後に流すものです。この、エンドロールムービーというのはその日呼んだゲスト全員の名前を映画のエンドロールのように流すことからその名前が付きました。この時に使用するのは写真や動画など様々ですが、人気が高いのは結婚式当日の写真や動画を使うものです。上記に挙げた映像演出はどちらも、結婚式当日の感動的な演出になるのは勿論、結婚式を終えたあとも、いつまでも手元に残り見たい時に見られるので新郎新婦にとっても思い出に残る素晴らしいものだと思います。

どのように作るのか

先程、挙げた2つの映像演出。この2つは、結婚式を挙げる会場が作るということも勿論ありますが、会場によっては新郎新婦が手作りもしくは外部の会社が作ったものを持ち込むということも出来ます。何かとお金のかかる結婚式ですので、少しでも費用を安くと考える2人なら会場任せではなく持ち込みを検討してみてはいかがでしょうか。手作りの場合は、作業が出来るパソコンと編集ソフトがあれば作れるので費用をかなり抑えることができます。ただし、その場合エンドロールムービーは当日のものではなく今までの写真や動画を使用になります。外部の会社製作のものでも当日のものを使ってのエンドロールムービーは作れないのではないか。いえ、場合によっては出来るのです。その場合、カメラマンも式場の専属カメラマンではなく外部のカメラマンになるので必ずしも可能というわけではないのですが、一つの選択肢として考えてみる価値はあると思います。新郎新婦にとって大切な1日になるのですから、結婚式を終えたあとも、その日の思い出は心の中にいつまでも残ります。悔いが残らないよう、たくさんの選択肢から選びお2人で作り上げて下さい。